ブログコンテンツ

カッティングのグルーヴ!ストロークで単音を出す

ギターのレシピの山脇オサムです。

今週の見放題コースは「カッティングのグルーヴ!ストロークで単音を出す」です。

ユーザーさんからリクエストがあったので解説しました。(解説リクエストはお気軽にどうぞ!)

僕がよく話している単音カッティングは、音を出す弦を狙ってブリッジミュートで弾くタイプなのですが、それとは似て非なるものです。

まず、ピッキングはコードストロークと同じですべての弦をジャガジャガ弾きます。

そして、その上で運指側の手でミュートをかける、というやり方です。

複数の弦をジャガジャガ弾くのでコードカッティングに非常に近いグルーヴを残しつつ、メロディを奏でることができるんです。

ナイル・ロジャースのようなサウンドっていうと分かりやすいかもですね。

おそらく一般的な単音カッティングというのはこっちを指すと思うんですけど、これがなかなかシビアなテクニック!

1~6弦それぞれで微妙に意識するところが違うんです。テキトーにやってできる代物じゃありません。汗

と言ってもポイントは2つだけ。親指と人差し指。実はこの2本の指で90%はミュートできちゃいます。

その詳しい方法を解説しましたので、ぜひ動画をご覧くださいませ。

■ワンポイントレッスンはこちら(無料)

■レッスン全編はこちら(見放題会員のみ)

見放題プランがおすすめです

全編を視聴するには見放題プランへの加入が必要です。

・ライトプラン
・スタンダードプラン
・プレミアムプラン

3つの中からご希望のプランを選んでください。スタンダードプラン・プレミアムプランはサイトにアップされているすべての動画を視聴できます。

⇒プランの詳細はこちら

 

関連記事

  1. 肘を使ってビブラート!
  2. デヴィット・T・ウォーカーのコードアレンジは小指の訓練に最適!
  3. レガート奏法を極めると凄いことになる!
  4. チョーキングした状態からさらにチョーキング
  5. フレーズのクオリティを上げる6つのテクニック
  6. ワイドフレーズのアイデア満載
  7. ロベンフォードのリフと指使いのパターン
  8. コードを弾く時の親指の位置とは!?

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP