ブログコンテンツ

フレットの素材が音に与える影響は?

リペアショップ小岩funk河田健太です。

「ニッケルとかチタンとか」

さて、フレットのお話の続きです。(⇒前回の記事はこちら

フレットは基本的に、ニッケル、銅、亜鉛などの合金で出来ています。ニッケルシルバーと呼ばれるものです。

ニッケルシルバーはそれなりに柔らかくて加工もしやすいのですが、弦との接触により摩耗してすり減ってしまいます。

そんな事から、より硬い素材であるステンレスで出来たフレットもあります。 ステンレスはやはり寿命は圧倒的に長いですが、その分加工は割と大変なので、交換の際などアップチャージされる工房さんが多いです。

最近ではこんなフレットもあります。

おお、金色!!

ヤニの黄ばみではありません。 銅、錫、鉄、チタンの合金。 見た目にもなかなかイカツイです!

 

「ギターの生音に影響大」

フレットは弦が直接触れている場所ですし、それなりの質量があるので結構生音に影響します。

擦り減ったフレットをジャンボフレットに換えるとジャリーン!と金属音の成分がかなり増えます

「木の鳴り」を感じたい人は小さめのフレットにするとか、フレット交換の際は弾きやすさだけでなく、そういうところも意識しておくと良いかもしれませんね。

あと、買い換えた方が安くなってしまうのであまりやる事はないんですが、安いギターのフレットを打ち替えるといきなり音が良くなったりする事があるんですよね。

あれ!?なんか高いギターになった気がする!的な。

 

「ステンレスはやっぱりステンレスの音になる」

ビザールギターなんかはフレットを打ち替えると、「んーなんか普通のギターになっちゃったな…。つまんない。 あのチープな感じがなくなってしまった 」となってしまう事もあります。

こんな事もあるのでフレットが音に与える影響はかなりあると思いますね〜。

ニッケルシルバーのフレットはやはり昔から使われているので耳馴染みな音ですよね。 ステンレスフレットに替えると「あ〜ステンレスの音だな〜」ってなります。

なんだこの当たり前な表現!笑

あ!

ニッケルシルバーはスプーンを叩いたときの音で、ステンレスはシンクを叩いた時の音の成分が混ざってくる感じですね!

台所のもの使ってレシピっぽくまとめられました!よかった。笑

 

■河田健太の完全メンテナンスコースはこちら

 

関連記事

  1. ピックアップの巻数でサウンドが変わる
  2. ナットは接着面と素材と溝切り
  3. 電源ケーブル、どこまで拘りますか?
  4. 髪の毛より細い!?巻き線の秘密
  5. 弦の高さの基準って?
  6. フレットの位置ってどうやって決まるの!?
  7. 配線材は修羅の道!
  8. ピックアップの見た目で音が変わる!?

最近の記事

PAGE TOP