ブログコンテンツ

ヴィンテージギブソンES125をご開帳

引っ越しやっとそれっぽくなってきた〜!今度は色々手続きとか大変〜!全く仕事する時間とれまへん!!はい、こんにちは河田健太です。

さて、前回の続きです。(⇒前回の記事はこちら

ネックを外した所まででしたね。この通り、バインディングも裏板も剥がれ始めていてパッカリしてますね。

まずはバインディングを剥がします。剥がれかけていたので割と簡単。57年製のバインディングなんて、それだけでも貴重な気もしますよね〜。残念ながらこちらは再利用できません。

パッカ〜ン

裏板の接着面をあたためながら慎重に剥がします。そうするとこんな感じでパッカリとご開帳です。

これだけでも貴重な画像ですね。色んな事が汲み取れます。

色んな発見

この時代はなんとライニング(この部分の木)、

こちらなんと「ホンジュラスマホガニー」で作られています。今の時代では考えられないですね。まあ今はとても貴重なものですが、当時はこれしかなかったというか、普通の材料だったんでしょうね。

接着剤もニカワが使われていますね。はみ出した所でわかります。動物から作られた天然素材の接着剤です。

これがビンテージギブソンのサウンドの秘密だ!って言ってる人もいるくらいですからね。「おお〜ホントに使ってるんだ〜」と思う方もいるんじゃないでしょうか?

おっとこんな所も

画像ではわかりにくいのですが、良く見るとブレーシングというこの木も剥がれていたので、まずは接着します。

これが剥がれているとギターの寿命も縮みますし、音も悪くなります。

ブレーシングの剥がれはアコースティック系ギターにはよく見られる症状なのですが、放置されている事が多く見つけるのはかなり難しい上、このようなフルアコでは裏板を剥がす必要があるため、修理はとてもハードルが高いんです。

この辺についてもまた詳しく説明したい所ですね!

あとはネックブロック。

ここは合板なんだ〜とか色んな事がわかります。開いただけでここまで記事が書けるのもスゴいですね!次回に続く〜!

河田健太の完全メンテナンスコース

 

関連記事

  1. 下手なハンダと上手いハンダ
  2. ハンダでそんなに音変わる?
  3. 真空管の色んな所をチェック!ヒーター編
  4. フロントピックアップの秘密に迫る!
  5. ギターは愛情!?
  6. ヴィンテージスタイルのピックアップの欠点とは!?
  7. 簡単!作ってみよう!トーキングモジュレーター
  8. レリック加工【金属パーツ編】

最近の記事

PAGE TOP