ブログコンテンツ

プロがオススメするイケてる塗装とは

メルカリを見ていると…

ん、んん!?

アコギにスピーカーて!!な、なんか斬新、、、。

こんにちは、小岩ファンク 河田健太です。

さて皆さん、地獄のポリ剥がしは実践されましたでしょうか?

地獄は見たくないのでやめておきました。という賢明な判断をされた方の声はチラホラきいてますが。

今回は、やめた方がいいよ!と言われるとやりたくなっちゃって、塗装を剥がしてしまったロックンロールな人にオススメの塗装を紹介します。

塗装って普通に市販のギターのように仕上げようと思うと、デッカいコンプレッサーやスプレーガン、バフマシーンなど機材や場所も時間も必要ですので、一般の方にはかなりハードルが高いと思います。

そこで今回は、自宅でも割とお手軽にできて、なおかつカッコいい仕上がりになる非常にオススメの塗装です。

もちろんこの塗装はオススメですが、ポリ塗装の剥がしは大変なので手を出されませんよう。笑

ナイスな塗装をご紹介

ちなみに今回紹介する2つの方法は、友人のリペアマンが実際に販売しているギターに使っている塗装方法です。折り紙付きです。

まずはこちら!

■ステイン着色に市販の艶消しラッカースプレー

これは着色にステインを使っています。

ステインは木を染める系の着色剤で、溶剤によって色々種類があります。水溶ステイン、オイルステイン、ラッカーステイン、アルコールステインなどです。

このギターではワトコオイルを使用しています。⇒ワトコオイルの詳細はこちら

こんな感じで布や刷毛などを使って塗り込んでいきます。

破れたTシャツなどでも良いです。好みの濃さになるまで数回塗り込んでください。

そして、数日乾燥させて、ホームセンターなどで売っている艶消しのクリアラッカースプレーを数回吹いて仕上がりです。

うーん、かっこいい。

艶消しなので磨き上げる必要がなく、とっても簡単ですね。

スプレーは塗料を乗せすぎたり乗せなすぎたりの調整が少し難しい所です。乾くまで触らないようにしましょう。焦りは禁物。

次はもっと簡単です。

仕上げまでオイルを使用

そしてこちらは着色はオイルステインで、仕上げにオイルフィニッシュ用のオイルで仕上げたもの達です。

どれも木目をいかしていてカッコいいですよね。難しいと思われがちなシースルーも出来るのがステイン着色の良い所。

オイルフィニッシュは場所も室内でできますし、スプレーの様に周りを気にする必要もありません。

強いて難しい所と言えば、色の調整が若干難しいかなと言うくらいで、取り返しのつかない失敗というのもあまりありません。

どうでしょう。これは挑戦したくなってしまうんじゃないでしょうか!

ボディ材を買って自分好みに塗るのもアリですよね。うん、塗装剥がして塗り直すより、むしろそっちの方がオススメです。笑

河田健太の完全メンテナンスコースはこちら

関連記事

  1. ヴィンテージギターの秘密に迫る
  2. ネック材の2大柱!メイプルとマホガニー!
  3. ディープジョイントの深いい話
  4. 衝撃!6V6GTが壊れる決定的瞬間!
  5. プロが教えるハンダ付けのコツ
  6. 自分にピッタリな弦のゲージを見つけよう!
  7. コンデンサって何?
  8. セットネックの問題点アレコレ

山脇オサムの教則DVD

最近の記事

PAGE TOP