ブログコンテンツ

壊れたスピーカー譲ってください

こんにちは!ケンケンです。

ちょっと前に山脇さんとうちで飲んだのですがモノスゴイ写真が残ってました。

硬いサカナを齧る山脇オサム。

噛みきれなかったのでこの魚ポケットに入れて帰りましたからね。不審ですよ。完全に。笑

はい、今回のお話です。

実は最近スピーカーの修理も勉強してるんですよね。ギターアンプ用スピーカーの修理ってどこの修理屋さんもほとんどやってないんですよ。

やってるとしたらオーディオ用のスピーカーばっかりです。

これ何でかというと「採算とれない」からですね。ギターアンプ用だと新品の高いものでも2〜3万円なので、わざわざ2万円とかかけて修理しないですよね。

でも捨てられていくスピーカーを見るたびに「もったいないなぁ、なんとか直せないかなぁ」と思っていました。

あとはビンテージのスピーカーなんかはそれでしか出せない音色がありますから、直さない手はないですよね。

リペア王におれはなる!

よくよく考えたら僕は、

・ギター
・ピックアップ
・エフェクター
・アンプ

の製作から修理までできるんだから、あとスピーカーできれば最強じゃね!?と気づいたんです。というかずっと思ってたんです。でも時間ないから目を背けてたんです。

でも、おれやる。

まず何をやるかと言うと、手当たり次第修理してみる。です。笑

そのためにYouTubeで「壊れたスピーカーを譲ってください」という募集をした所、沢山のスピーカーが寄せられました。みなさん、ありがとうございます!

まだまだ勉強中なのですが、何個かトライしてみて分かった事は、「意外と簡単に直るものも多い」という事です。特に古い国産スピーカーはそういう物が多い気がしました。

まあ古い国産スピーカーが沢山集まってるだけかもしれませんが、、。

 

こちらはまだまだ受け付けておりますので、壊れたスピーカーをお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひお譲り下さい。

アルニコスピーカーだと特に嬉しいです!

送る前には必ず一報ご連絡をお願い致します。

置き場がなくて階段に積まれるスピーカー達。

ギター屋 funk ojisanの完全メンテナンスコース

 

関連記事

  1. 衝撃!6V6GTが壊れる決定的瞬間!
  2. ピックアップの磁石の秘密をピックアップ!
  3. ハムバッカーのコイルタップ全然使えない問題
  4. ネックポケット考察してみた
  5. ナットは接着面と素材と溝切り
  6. このナット、どうナットる!?
  7. クニフェを使ったハムバッカー
  8. パワー管の種類で何が違うの??

最近の記事

PAGE TOP