ブログコンテンツ

コスパの高いプリ管交換のススメ

こんにちは!ケンケンです!

今日はリペアではないのですが、オススメのとっても簡単な真空管アンプのチューニング方法を紹介しましょう!

内容としましては真空管の交換です。

以前にもふれましたが、真空管を交換すると結構音が変わります。今の音に満足していない、もっと良くなるんじゃないか!?なんて思っている方はやってみると面白いと思います。

まずは昔にもご紹介したこちらの動画をご覧ください。

 

結構変わりますよね!

さて、お手軽といっても真空管って結構なお値段がするんですよね〜。現行品で2500円〜。ビンテージの物になると2万円程度するものもあります。

全部換えるとなると結構な金額になってしまいますよね!

今回は「もし1つだけプリ管を換えるとしたらどこがベストなのか!?」を探っていきたいと思います。

回路図を見てみる

今回はマーシャルのJCM800を参考にしましょう。

このアンプには3本の12AX7が使われています。こちらが回路図なのですが、この赤マルの部分がそれぞれの真空管に対応しています。

もの凄くザックリと説明すると、この真空管を使って信号を「増幅」しているんですね。

左側の真空管から回路図通り信号が流れていく感じになっています。

信号を何段にも渡って増幅していますので、なるべく初めの方の信号増幅ヶ所を換えたほうが効果が高そうなのはなんとなく想像できるかと思います。

さて、実際どこが1番音に影響するかやってみましたのでご覧ください。

 

やっぱり初段が1番変わったように感じませんか?

次回、もう少し掘り下げてみようと思います。

動画でも言っていますが、やり始めるとこれがホントに沼です。

welcome to tube hell.

ギター屋funk ojisanの完全メンテナンスコース

 

関連記事

  1. 【動画】ついに完成!小岩ファンク特製ハムバッカー
  2. ヴィンテージギブソンES125をご開帳
  3. 【ビザール系】その蓋を開けると…
  4. 動画有り!実践!プリ管12AX7の音質比較
  5. ギブソン社が開発した画期的なピックアップ
  6. ヴィンテージがスゴイのはわかったけど、近年ものはどうなんじゃい
  7. 【Gibson S-1の修理内容とは】
  8. 基板は外してしまえ!?

最近の記事

PAGE TOP