ブログコンテンツ

トライアドをカッコ良く弾くコツ

どうも、山脇オサムです。

「ファンキーなチューリップの歌!?」

トライアドと言うと、「ドミソではカッコ良く弾けない」というイメージがあると思います。

咲いたー咲いたーチューリップーのはーなーがー、的なイメージがどうしてもあるんだと思います。

でもこう考えてみてください。

「チューリップの歌」のリズムが超ファンキーなビートで、歌が16分ノリになったら?

スティービーワンダーのハーモニカみたいにメロディックで、ゴスペルシンガーみたいに魂のこもったビブラートがかかって、ファルセットでオクターブ上を出してソウルフルに歌い上げたら…?

たぶん、、、いや、絶対カッコいいはず!

(想像できないですけどね笑)

チューリップはメジャースケールですけど、要するに音の装飾でイメージは思いっきり変わる!ということです。

スライド、オクターブ、リズム、ハンマリング、クロマチックなんかで音に表情を付けていくんですね。

「音を立体的に見ると裏が見える」

音を立体的に考えるとまた違った装飾ができます。

メジャー3rdをナナメから見ると、横にはブルージィなマイナー3rdがそっとこっちを見ています。

ルートを横から見ると、お洒落なメジャー7thと泥臭いマイナー7thが個性的な佇まいで出番を待っています。

5thの向こう側には、オクターブ上のルートが「俺も使えるぞー!」と手を振っています。

次のコード展開を読むと、半音で繋げられる裏道がボヤッと見えてきます。

こうやってトライアドを装飾していくと、かなり音楽的になっていきます。

音を正面から見るのではなく立体的に見る!これがポイントです。

Google Earthを2Dから3Dにすると毎回「おぉ…」と感動するんですよね。笑

もう何回もやってるのに!

なんだろう、あのおしりがキュッとなる感じ。

ディズニーランドに行っても気がついたら3Dのアトラクションに並んでますもんね。

3Dにはロマンがある。でもテレビの3Dは流行らないのはなぜ!!??

■トライアドのレシピはこちら

関連記事

  1. ユーザーさんの素晴らしいカスタム譜面
  2. フレージングをガラッと変える方法
  3. フレージングのメリハリをつける
  4. いとしのエリーをカバーしてみた
  5. いつもと違うメロディを作るには
  6. ペンタを一歩だけ抜け出すテクニック
  7. ブルースで使える3つのスケール
  8. 最優秀賞と山脇の演奏を聞き比べ

最近の記事

PAGE TOP