ブログコンテンツ

どんな曲でもブルージィ!怒涛の連続フレーズ

山脇オサムです。

今週の会員限定コンテンツはこちら!

「どんな曲でもブルージィ!怒涛の連続フレーズ」

少し前のメルマガで紹介したMark Bowersというギタリストのセッション動画。 Breezinを弾いてたやつですね。

 

そこで弾いてたフレーズでグッと来たものがあるので解説します。

短いモチーフを連続して弾くので場を盛り上げるのにも最適ですし、なによりブルージィなフレーズなので「Breezin」のようなポップな曲でも一気にブルージィに彩ることができます。

もちろん他のポップな曲にもバッチバチで応用できます(ここが重要)

運指にちょっとクセがあるので「コツ」を掴むまではゴリゴリ集中して弾いてください。コツさえ掴めればあとは時間の問題です。

ギターを持ってレッツチャレンジ!

■動画はこちら(会員限定)

関連記事

  1. ゲキムズ!寺内タケシ流の高速♭5フレーズ
  2. 「Purple Rain」ギターで弾くならどうする?
  3. 好きすぎてたまらんギタースタイル
  4. ペンタを一歩だけ抜け出すテクニック
  5. エイモス・ギャレットのスティール奏法
  6. 【Mr.BIG】ギタリスト的に一番つらいアルペジオ
  7. なぜか無性に聞きたくなるこのフレーズ
  8. もはや都市伝説!?アルバート・コリンズの変則チューニング

最近の記事

PAGE TOP