ブログコンテンツ

エイモス・ギャレットのスティール奏法

今月のギタマガを読みながらビルボードで見たデヴィットTウォーカーの名演を思い出してる山脇オサムです。(もう仙人にしか見えない笑)

今週の新着レシピ(見放題コース会員限定)はこちら!

「エイモス・ギャレットのスティール奏法」

先日のメルマガ(⇒こちら)でも解説したエイモス・ギャレット奏法をコピーしてみました。

普通のギターでスティールギターの雰囲気を出す、というなにやら大人向け?のテクニックなんですが、もっと解像度を上げると、フレットが存在しないかのように弾くということです。

「一休さん」に出てくる安いトンチみたいですけど(笑)、アイテムを使わないのなら答えは1つ。

そう!チョーキングです。

でも普通のチョーキングではこんな雰囲気は出ません。そのポイントを解説します!

動画はこちら

 

 

関連記事

  1. どんな曲でもブルージィ!怒涛の連続フレーズ
  2. ジャジィなフレーズを作る2つのパターン
  3. 気持ち悪いフレーズの攻略方法
  4. ミドルテンポは気を抜くとヤバイ!
  5. ロベン・フォードのフレーズ解説|第2弾
  6. 一瞬でJAZZに!必殺オルタードフレーズ
  7. 「Purple Rain」ギターで弾くならどうする?
  8. スライドを使ったパンチのあるフレーズ

最近の記事

PAGE TOP