ブログコンテンツ

いろんな風味が混ざりあったブルースフレーズ

山脇オサムです。

「タブ譜付きの動画はありますか?」というおそらくYouTube経由?での質問がありましたので、オススメの動画を。

カーク・フレッチャーというブルースギタリストのNAMMでのセッションを耳コピした動画です。

このフレーズ、弾いてみるとよく分かるんですけど、いわゆる「マイナーペンタ一発」じゃないんですね〜。

マイナーペンタとか、メジャーペンタとか、ミクソリディアンとか、経過音とか、ハーモニーとか、いろんな風味がよ〜く混ざりあった奥深いフレーズなんです。

たくさんエッセンスが入ってるんですけどゴチャゴチャしてるわけでもない。それぞれのスケールの匂いがプンプンするわけでもない。むちゃくちゃバランス良く混ざってるんです。

これは自分でアレンジせず、そのままコピーして使ってほしいレベルです。

レッツチャレンジ!弾いてみるのが超大事です。

⇒タブ譜はこちら

 

関連記事

  1. スーパーマリオでコードトーンを習得せよ!
  2. 【トライアド】3種類の音をゴロゴロ回していく
  3. メタルに欠かせない速弾き奏法
  4. アドリブのレベルを上げる2つの秘訣
  5. マイナーペンタを使わないブルース曲とは?
  6. 休符とコードトーンのパワー
  7. スライドを使ったパンチのあるフレーズ
  8. メジャーペンタでファンキー単音カッティング!

最近の記事

PAGE TOP