ブログコンテンツ

いろんな風味が混ざりあったブルースフレーズ

山脇オサムです。

「タブ譜付きの動画はありますか?」というおそらくYouTube経由?での質問がありましたので、オススメの動画を。

カーク・フレッチャーというブルースギタリストのNAMMでのセッションを耳コピした動画です。

このフレーズ、弾いてみるとよく分かるんですけど、いわゆる「マイナーペンタ一発」じゃないんですね〜。

マイナーペンタとか、メジャーペンタとか、ミクソリディアンとか、経過音とか、ハーモニーとか、いろんな風味がよ〜く混ざりあった奥深いフレーズなんです。

たくさんエッセンスが入ってるんですけどゴチャゴチャしてるわけでもない。それぞれのスケールの匂いがプンプンするわけでもない。むちゃくちゃバランス良く混ざってるんです。

これは自分でアレンジせず、そのままコピーして使ってほしいレベルです。

レッツチャレンジ!弾いてみるのが超大事です。

⇒タブ譜はこちら

 

関連記事

  1. メジャーペンタとマイナーペンタの二刀流!そのカギはルートにあり!…
  2. ブルースで使える3つのスケール
  3. 最優秀賞と山脇の演奏を聞き比べ
  4. 歌メロに合わせたフレージング方法
  5. 【初心者のレシピ】本当に役に立つ基礎連のやり方
  6. 【動画】マイナーペンタを最高にキメろ!
  7. フレーズをお洒落にキメる方法
  8. トライアドをカッコ良く弾くコツ

最近の記事

PAGE TOP