ブログコンテンツ

いろんな風味が混ざりあったブルースフレーズ

山脇オサムです。

「タブ譜付きの動画はありますか?」というおそらくYouTube経由?での質問がありましたので、オススメの動画を。

カーク・フレッチャーというブルースギタリストのNAMMでのセッションを耳コピした動画です。

このフレーズ、弾いてみるとよく分かるんですけど、いわゆる「マイナーペンタ一発」じゃないんですね〜。

マイナーペンタとか、メジャーペンタとか、ミクソリディアンとか、経過音とか、ハーモニーとか、いろんな風味がよ〜く混ざりあった奥深いフレーズなんです。

たくさんエッセンスが入ってるんですけどゴチャゴチャしてるわけでもない。それぞれのスケールの匂いがプンプンするわけでもない。むちゃくちゃバランス良く混ざってるんです。

これは自分でアレンジせず、そのままコピーして使ってほしいレベルです。

レッツチャレンジ!弾いてみるのが超大事です。

⇒タブ譜はこちら

 

関連記事

  1. 即使える!ブルージィで群青色な音
  2. 【ラン奏法】6パターンを動画で解説!
  3. ペンタを一歩だけ抜け出すテクニック
  4. メジャーペンタとマイナーペンタの違いを撮ってみた
  5. コーネル・デュプリーの細かな神業
  6. 理論が分かるとこんなにフレーズで遊べます
  7. フレージングをガラッと変える方法
  8. メロディアスなアドリブの効果

最近の記事

PAGE TOP