ブログコンテンツ

フレーズにパンチを出す指の極意

このセットアップがたまらなく好きな山脇オサムです。

今週の新着レシピ(見放題コース会員限定)はこちら!

「フレーズにパンチを出す指の極意」

ピックと指を使った奏法、いわゆる「ハイブリッドピッキング」を使ったフレージングを解説します。

指を絡ませるのは「たったの1音」です。この1音に強烈なインパクトを出すので、フレーズの印象がかなり攻撃的になるんですね。特にクリーンサウンドとの相性が最高です。

マイナーペンタとの組合わせになるので、ブルースでもロックでもファンクでも応用可能!

あ、弦を交換しておいた方がいいかもですよ。

■会員動画はこちら(⇒見放題コースの加入はこちら

関連記事

  1. 1mmで変わるブリッジミュート
  2. 同じフレーズを違うニュアンスで弾く
  3. ここをピッキングしないと絶対出せないサウンド
  4. 超絶アルペジオをアル先生から伝授
  5. ジェフベックからクラビサウンドを学ぶ
  6. このリフをオルタネイトで弾いてみる!
  7. 正確すぎるスウィープピッキング
  8. ミニスウィープは我慢がポイント

最近の記事

PAGE TOP