ブログコンテンツ

世界一速いピッキングってどんなもんだいや?

子供が108面体の図形を作って幼稚園に持っていき、先生に「はい!108面体!」と渡したら先生が「え!?尺八!?」と真顔で聞き返した瞬間を見逃さなかった山脇オサムです。
(オモロすぎるでしょ笑)

さて、昨日はオルタネイトピッキングについて書きました。

⇒【タブ譜】オルタネイトの練習方法はこれだ!

 

このオルタネイトピッキングをどんどん速くしていくと、トレモロピッキングという技になるんですけど、

世界一速いピッキングってどんなもんだいや?

と鳥取なまりの疑問が浮かんだ人も多いと思います。

世界一速いピッキングをちょっと想像してみてください。

リアルぅ〜に想像してみてください。

想像できましたか?

はい、実際はその18倍すごいです。

動画があるので見てほしいんですけど、スピードアップする感じがほとんどドラゴンボールです。笑

途中からの爆上がり感は完全にフリーザです。(フリーザ登場の衝撃は忘れられない)

ぶっちゃけ後半は本当に弾いてるとは思えないんですけど、「本当に弾いてるか分からない演奏」って弾けてないのと同じじゃね!?とか思ってしまいます。

ということで僕の結論は、

一番すごい人は弾けてるかどうか判断してる人

です。世界一速いピッキングをどうぞ!
↓↓↓

関連記事

  1. カッティングで力を抜くための効果的な練習法
  2. ダイナミクスの広がるピッキング
  3. ミニスウィープは我慢がポイント
  4. アルペジオの秘訣をアル先生に聞いてみよう!
  5. 同じフレーズを違うニュアンスで弾く
  6. ピックを変えてフレーズを変える
  7. フレーズを活かすのはやっぱり弾き方
  8. フランクギャンバレのスウィープハーモニクス

最近の記事

PAGE TOP