ブログコンテンツ

聞けば一発で分かるカッティングギタリストとは?

ウィスキーを飲むようになってアイスボールを作るようになった山脇オサムです。

さて、昨日のメルマガの「ファンクギターTOP10」。⇒記事はこちら

いろんなタイプのカッティングがあるんですけど、それぞれ誰が弾いてるのかって分かりますか?

ギターソロで聞くぶんには「手グセ」でなんとなく分かりますよね。

・このスキップアルペジオはポール・ギルバートだな
・このキテレツ感(コンディミ感)はジョンスコだな
・このWチョーキングはノーキーさんだな

みたいに。でもカッティングにはここがほぼありません。なので判断材料としては、

・ノリ
・タイム感
・タッチ
・サウンド

とか?このくらいだと思います。

ムッズ。

で、この手がかりのない状況でも「オレ感」がバリバリ伝わってくるのが、

ナイル・ロジャースです。

この人のカッティングってなんか分かりますよね。マイルドなサウンドが特徴的なんですけど、そこだけで判断してるわけじゃないと思うんです。(逆にサウンドが違っても当てる自信ある)

僕の予想ではたぶん「タッチ(特にブラッシング)」で見分けてるんだと思うんです。

タッチと言うかスタッカート具合というか、まぁそれがタイム感に繋がるんですけど、とはいえこのグルーヴにより……

説明ムッズ。

なんか説明が野暮ったくなったので、ナイル・ロジャース演奏をどうぞ!言ってることが伝わると思います。(てかこんな路上ライブある!?)
↓↓↓

カッティングはこちらの教材がオススメです

 

関連記事

  1. 【ブルーノマーズ「Treasure」】まさにカッティングのお手本…
  2. 試奏で使えるお洒落な8小節
  3. リペアに出す?それとも買っちゃう
  4. 1mmでギターの総合力は上がる!
  5. アレンジ術が身につく曲の聞き方
  6. 基礎からしっかり確実に上達できる仕組み
  7. 耳コピの知識を身に付ける方法
  8. やる気スイッチを押すギターコンテスト

最近の記事

PAGE TOP