ブログコンテンツ

すぐにできるチューニングを安定させる方法

山脇オサムです。

「チューニングをバッチリしたのにすぐに狂っちゃう」

そういう人、結構多いと思います。

そこにはいろんな理由があると思うんですけど、すぐにできるチューニング安定方法として、

「チューニング後の弦伸ばし」というのがあります。

チューニングをした時って基本は目標の音の下から合わせていきますよね。

例えば5弦開放のAの音程が少し高い場合は、1回Aより下に音程を下げてそこからペグを締めながらAに合わせていきます。

なんですけど、Aより下に音程を下げるということは弦を1回緩めるということなので、ペグで締めるだけでは締まりきらないことがあるんです。

締まりきらない状態で弾き始めると弦がすぐに緩んでチューニングがまた狂っちゃう、という流れになりやすいので、音程を下げたら1回弦をグイグイ伸ばして弦を締めなおすとチューニングの安定に繋がります。

この弦伸ばしって弦を交換した時はやると思うんですけど、チューニングの度にはなかなかやらないんですよね。

ちょっとした手間なんですけどこれを面倒がってはいけません。

料理でもあくを取る手間をおしまず丁寧に仕上げると美味しくなりますよね。

それと同じです。

こういうちょっとしたことで安定性って良くなるのでぜひやってみてください。

このやり方はリペアマンもオススメしてました。

もちろん僕もやってます!

■ギターが弾きにくいと感じたらメンテナンスの出番です


関連記事

  1. ちょっと怖い指の現象
  2. ギターに関する都市伝説
  3. 【タブ譜】開放弦を使った必殺フレーズ
  4. これが一番効果的な練習方法
  5. ペグを回すほどではないチューニングのズレ
  6. 耳コピの経験値を上げる3ステップ
  7. 音のキャラクターを見抜く!
  8. ギターの指板の音名、スラスラと言えますか!?

最近の記事

PAGE TOP