ブログコンテンツ

格安にサウンドを激変させる裏技

ピップエレキバンはフェライト磁石 こんにちは、最近肩も痛いぞ!小岩funk河田 健太です。

簡単かつ格安な禁断の裏技

さて今回は禁断の裏技を紹介します!あまりメジャーな改造ではないですが、かなり面白いと思いますよ!

皆さん、自分のギターのピックアップの磁石は何が付いているか調べられましたか?

もしも今のギターサウンドに満足がいっていない場合や、なんとなく違う音にしてみたいな〜という時など、 割と簡単かつ格安にサウンドを激変させる事ができるかもしれません。

ピックアップそのものを交換する場合は安くても1つ1万円程度はしますが、もし磁石の交換だけならパーツ代は数百円程度です。

シングルのアルニコマグネットのポールピースは交換する事はかなり難しいですが、ハムバッカーはこれを交換するだけです。こいつを生贄にしてやりましょう!

 

「マキマキの向こう側のあいつ」

リプレイスメントピックアップの代表格!セイモアダンカンのJBモデルSH-4 。

このピックアップにはアルニコ5が使われています。 アルニコマグネットの中でも磁力の強い方のマグネットです。(⇒マグネットの解説記事はこちら

このマキマキしてある周りのテープを剥がして、

「あーれー」そうするとこのいやらしくないマグネットが現れます。

 

そして、この裏のビスを緩めます。

こうやってマグネットをそっと交換するだけなんです。

 

気を付けなければならないのが「磁極の向き」です。

反対にしてしまうと位相が逆転してしまいますからね。(⇒位相の解説記事はこちら

 

さあ、これだけでかなり音色を変化させる事が出来ます! 味噌ラーメンが塩ラーメンくらいになっているはずです!(出た!ラーメンの例え!)

自分でやる場合の作業はくれぐれも注意の上、自己責任でお願いします。

エレキバンなどを貼ってみるのも面白いかもしれませんね。 名前的にもエレキギターにピッタリだし、コリがほぐれて音が柔らかくなるかもしれませんね!笑

ちなみにマグネットはアキバの千石電商やAmazonなどで買うことができます。

■河田健太の完全メンテナンスコースはこちら

 

関連記事

  1. ギターの状態をチェックしよう!
  2. 自分に合ったフレットサイズの選び方
  3. そもそもピックアップって何!?
  4. フレットを見るだけでこんなことが分かる!
  5. ピックアップの磁石の秘密をピックアップ!
  6. キレ易いやつとキレ難いやつ(アンプヒューズのお話)
  7. フレットすり合わせは効果絶大!
  8. 配線材とサウンドの関係

最近の記事

PAGE TOP